INTERVIEW ARTICLE

クリエイティブ職

N.F

2007年入社

事業本部 Webプロモーション研究室 クリエイティブチーム

自ら発信し、 期待以上に応えるデザイナーでありたい

未経験から、Webデザイナーへ

最初に就職したのはシステム構築やWeb制作を行う会社で、2年程勤めていました。お客様のご要望を聞き、制作物に落としこむために現場の意見と擦り合わせる、いわゆるディレクター業務を担当していました。 そのなかでWebデザイナーやWebプログラマーと関わりを持つうちに、お客様のニーズをダイレクトにカタチにできる仕事に憧れが募り、転職を決意したんです。 転職活動をするなかで、ご縁があったのがGMOインターネットでした。前職でお客様のドメインを取得する際に「お名前.com」をよく利用していたので、馴染みが深く安心できました。その一方で、経験がない自分を中途採用してもらったのだから、早く成果を出さなくてはというプレッシャーもありました。

苦しくても、自分の決めた道だから

入社後は先輩の指導を受けながら、バナー広告やちょっとしたキャンペーンページ制作などの実務を通じて、一からスキルを身につけていきました。しかし経験不足のため他の人より時間がかかってしまったことや、思うように出来なくて悔しい思いをしたこともありました。でも、自分がなろうと決めたからにはやり切ってやる、という覚悟で取り組んでいました。

イメージを、カタチに

一人前のデザイナーとして周囲に認められたと実感したのは「お名前.com レンタルサーバー」のサイトデザインをひとりで担当するようになった時です。それまでどんなに小さな仕事でも、依頼者から丁寧にヒアリングして期待に応えるデザインを作ることを心掛け、大きなチャンスを得たと感じました。 その後も数多くのWebサイトデザインを担当しました。 さまざまなテイストのサイトをつくっていますが、それは依頼者のイメージと擦り合わせた結果です。依頼者の期待に応えるのは、最も大切なことだと思っています。私たちは芸術家ではなく、商用デザインをつくるWebデザイナーですから。

クリエイティブチームの役割

入社して12年経ち現在はマネージャーをしています。当初と比べると制作よりディレクション業務がメインになり、所属するクリエイティブチームも大きくなりました。 WebだけではなくDTPや動画などデザインに関わる全般を制作し、活躍する仲間もたくさん増えています。 また東京だけでなく宮崎オフィスのクリエイターとも連携をとって制作力を高め合っています。 クリエイティブチームでは普段の業務をこなしながら四半期ごとに個人目標を設定していて、自分が挑戦したいデザインや技術を使ってアウトプットするようにしています。その成果次第では実際にサービスサイトに公開されることもありますので、自己成長=自己満足だけで終わらず非常にやりがいがあります。 新しい技術やクリエイター目線での提案を盛り込んだデザイナーからの発信も積極的に増やしていきたいですし、サービス担当者とも一緒によりよいカタチを模索していきたいですね。何より、みんなで一つになってやっていけば楽しいじゃないですか。

挑戦者に「No」と言わない会社

これから入社する人に期待することは、「いろいろなことに挑戦する意志」 ですね。 即戦力も大事ですが、学校を卒業してこれからという未経験の人もおもしろいと思います。失敗を恐れずにまず一歩踏み出してみてください。わからないことがあればチームのみんながサポートしてくれますので何事にも積極性をもって成長してほしいです。 現場では一つひとつの仕事をきちんと積み重ね、自分からチャンスを勝ち取ることも求められています。挑戦しようという意志 のある人に、「No」という会社ではありません。企業理念として掲げている「スピリットベンチャー宣言」にも「企業は人を育てる場所」と定義されていますし、「GMOすごいエンジニア支援制度」という成長につながるフォローアップ制度にも力を入れています。成長できる環境であることは、間違いないでしょう。 あなたのたくさんのアイデアをカタチにし、もっとサービスを盛り上げていきましょう。一緒に仕事ができるのを楽しみにお待ちしています。