インタビュー


福利厚生大幅拡充プロジェクト -プロジェクトメンバー対談-

※当ページに記載の肩書・内容は、2012年5月時点のものです。

仕事と子育ての両立を全面サポート!

今働いている仲間のことを一番に考える会社

直江
福利厚生大幅拡充プロジェクトの構想が出始めたのは、2010年秋ごろでした。四半期に一度グループパートナー全員が一堂に会する『GMOインターネットグループ全体ミーティング』で、グループ代表の熊谷が発した「仲間を大切にする企業である為に、福利厚生をもっと充実させよう」という言葉がきっかけとなり、『グループパートナー代表』となるプロジェクトメンバーを公募しました。

集まった十数名でプロジェクトチームが結成され、部長と私が調整役となり、メンバーの意見を取りまとめていくことになりました。

当プロジェクトの柱は主に3つで、
(1)パートナーの活発なコミュニケーションを促すシナジーカフェGMO Yours
(2)社内託児所キッズルームGMO Bears
(3)マッサージルーム&おひるね GMO Bali Relax
の開設です。

2012年5月に、おひるねスペース GMO Siestaも追加されましたが、当初はこの3つをセルリアンタワー内に早期開設することがミッションとされました。

ビルスペックのミスマッチを乗り越えて、仲間の想いをかたちに……

直江
施設を作る時に一番苦労したのは、ビルスペックと『作りたい施設』のミスマッチでした。例えば、カフェで焼きたてパンを出したいと思っても、このビルが商業施設向きに作られていないので、火を使うことが禁止されていたり、お湯が引けなかったり……。いろいろな構想がビルスペックの関係で行き詰まりました。

それでも、セルリアンタワーの関係者、協力会社の方々にご協力いただき、何とか運用を工夫することで、スタートすることができました。ここまで皆さんに利用される施設になって、本当に嬉しく思っています。
櫻井
「シナジーを産むカフェ」というコンセプトですので、毎日いろいろな人が利用するのですが、ちょっと飲み物をこぼした!なんて時はもう大変です。急いで清掃手配をするものの、間に合わなければ私たちが行って掃除をします。最初は何度かそんなことがありましたね。

それに、利用者がグループ全体に及ぶため、いろいろな人の意見をどうやりくりするかが難しいですね。あっちを立てればこっちが……というケースも多々あります(苦笑) でも、やっぱり「作って良かった」と思うんです。皆さんに喜んでいただけるのは本当に嬉しいですし、仲間を大切にする会社であることを心から実感できています。

ナンバーワンを目指す企業に相応しく、福利厚生もナンバーワンに!

櫻井
GMOインターネットグループでは、今ここで働いている仲間のことを第一に考えています。仲間が大切にされ、思う存分力を発揮することで、また良い人財が入社してくる……こうした考えから、いろいろなプロジェクトが発足し、結果を出しています。
直江
福利厚生大幅拡充プロジェクトのいくつかは、『GMOすごい健康支援プログラム』の一つでもあるんです。このプログラムは、仲間の健康を第一に考えて「会社で支援できることは何でもやろう!」という取り組みなのですが、こうしたところからも、自分たちが本当に大切にされているのだなと感じます。

だからこそ、グループ代表の熊谷や幹部の想いをしっかりと受け止め、福利厚生を担当する私たちが頑張らなくてはいけない、と思うんです。ナンバーワンを目指す企業に相応しく、福利厚生もナンバーワンでありたいと思っています!
櫻井
オープン以来、利用者がどんどん増えていて、「誰でも気兼ねなく利用できる福利厚生施設」という私たちが目指していたものに少しずつ近づいているという実感はあります。まだ試行錯誤ではありますが、今後とも、より多くの仲間に利用され、愛される施設にしていきたいと思います。

募集要項・エントリーはこちら

当サイトの原稿執筆・写真撮影は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社の
クリエイターネットワークサービス「編集プロダクション studio woofoo」を利用しています。



PAGE TOP