グループ各社の連携をテクノロジーで促進 GMOインターネット株式会社 アーキテクト M.D

インターネットの仕事につくまで

インタビューイメージ

もともとIT分野には興味を持っていたのですが、大学では社会学を専攻しメディアの研究などをしていました。当時はエンジニアとして働くというよりも、IT関連の企画職のようなことがやりたかったんです。
ただ、いろいろ知識を深めていくにつれて、革新的なサービスを生み出すためにはしっかりとした技術力が不可欠だと考えるようになりました。そこで、就職先を決める際にはエンジニアとして経験を積める場所を探すことにしました。

最初に入社したのはまだ出来たばかりのベンチャー企業で、当初はインターネットに関連した仕事もあったのですが徐々に別事業へシフトしてしまったため、 自分の関心との差異を感じ、WEBサイトの構築をメインで行なっていた別の会社に転職しました。ここでようやく希望していたエンジニアとして開発を本格的にやらせてもらえるようになりました。

エンジニアとしてのチャンスを求めて

次の会社は受託開発が中心でしたので、顧客の要望を受けて設計・開発をする仕事を担当しました。
3年目になったあたりからプロジェクト管理を任されるようになったのですが、逆に技術者として自分の手を動かす機会が減ってしまったんです。 異動のチャンスもなかなか訪れなかったため、そうなると少し物足りないというか、エンジニアとして成長していくために方向性を変える必要があるのかなと思い始めました。

ちょうどその頃、ふとしたキッカケからGMOインターネット株式会社で技術に特化したエンジニアを募集しているという話を聞き、これはまたとないチャンスだと思い、2009年10月から入社することになりました。
紆余曲折を経ましたが、配属先となった次世代システム研究室にてシステムエンジニアとしての知見を伸ばしていき、現在はエンジニアの上級職であるアーキテクトとして仕事をしています。

自社サービスならではのスピード感と自由度

インタビューイメージ

次世代システム研究室は、最新テクノロジーの研究・開発と、グループ内の重要なプロジェクトの推進に深く関わっている部署です。 プロジェクトの企画段階から関わることができ、システムのインフラ設計、仕様策定、プログラミング、リリース後の改善まで一貫して担当するので、幅広い見識が求められます。
言語やフレームワーク、DBなどもひとつに限定されないため多くの技術分野に触れるチャンスも多く、エンジニアとして非常にやりがいのあるポジションです。

入社してはじめて取り組んだ業務は、『GMOとくとくショップ』の立ち上げのプロジェクトでした。膨大なデータ連携の仕組みを構築し、高頻度で更新される商品が滞りなくサイト上に表示されるようにするのが自分のミッションでした。
入社してすぐに重要プロジェクトに参加できたのは、非常にいい経験になりました。前職が受託開発の会社だったため、 自社サービスとしてのWEBサイト構築のスピード感にはカルチャーショックを受けました。また自分自身で1から仕様を策定し設計・実装するため、ある意味自由度が高い部分もありますが、 開発の成果物に対する責任は受託開発の仕事以上にシビアな部分もあります。

新しい環境で仕事の仕方を理解する上で重要なエッセンスを学ぶことが出来たと思います。

また、次世代システム研究室は、新しい技術の研究というミッションも担っています。3ヶ月に1回開催される社内勉強会では、毎回自ら設定したテーマで発表を行うのですが、その準備はとても面白く、自身の糧にもなっています。
これまで発表したテーマを簡単に紹介すると、「Node.jsと関連フレームワーク」、「HTML5を利用したサイト開発」などがあります。他のメンバーの発表もHadoopを利用したデータ解析、DB・NoSQLの最新動向や、 スマートフォン開発の手法など多岐にわたり、自分にとっても非常に刺激的で勉強になっています。この活動を通じてグループの技術力向上の助けになるよう努めています。

グローバル展開を目指して各社が連携する

インタビューイメージ

『GMOとくとくショップ』以降、複数のプロジェクトを経験しましたが、現在取り組んでいるのが、『Gゲー』のコミュニティサイトの開発・運用です。
『Gゲー』は現在GMOインターネットグループが注力している大事な事業の1つですので、社内の他部署のみならずGMOゲームセンター株式会社やその他関連会社を含めたグループ横断的な連携がとても重要になってきます。

技術面・企画面の双方から様々なアイデアを出し合い、多くの人を巻き込みながら色々なことにチャレンジし、1つの大きなサービスを創り上げていくというプロセスは、他の環境ではなかなか経験できないものではないでしょうか。

当グループは、4つの事業領域を基盤に、常に時代のトレンドにスピーディーに対応しています。そのため、様々な分野のビジネスに幅広く関わるチャンスがあります。 『Gゲー』も今まさにグローバル展開をスタートさせたところですので、世界を見据えた機能開発や新たな技術への取り組みなど、次世代システム研究室はテクノロジーの面からビジネスの促進を強くサポートしています。 エンジニアにとってとてもチャレンジングな環境であると思います。

自主性と柔軟性を持って自ら成長できる人財

当グループでは色々なサービスを開発運用しています。
ひとくちでエンジニアといっても、扱う分野、必要とされる技術は様々ですので、やる気さえあればどんな分野にでもチャレンジできます。 だからこそ、主体性を持って自ら動ける人が求められます。任せてもらえた仕事を責任持ってこなしていける忍耐力と、激しい変化に対応できる柔軟性も欠かせません。 というとすごく大変そうですが(笑)、まずは自分の成長に対して常にモチベーションを持っていられれば大丈夫だと思います。
皆さんと一緒にお仕事できる日を楽しみにしています。

GMOインターネット アーキテクト M.D

Profile
GMOインターネット アーキテクトM.D
Webの受託開発会社でエンジニアとして設計・開発を行い、プロジェクト管理者へキャリアアップするが、エンジニアとして自分の手を動かしていたいと考え転職を決意。2009年10月にGMOインターネットへ入社し、次世代システム研究室にて最新テクノロジーの研究・開発を担当。『GMOとくとくショップ』の立ち上げや『Gゲー』のコミュニティサイトの開発・運用を行なっている。

前へ

  • GMOインターネット 常務取締役CIO 山下 浩史
  • GMOインターネット 取締役CTO 堀内 敏明
  • GMOメディア 取締役 別府 将彦
  • GMO RUNSYSTEM JSC 取締役副社長 Nguyen Tan Minh
  • GMOインターネット メディアフロントエンドエンジニア/デザイナー I.T
  • GMOインターネット インフラエンジニア K.G
  • GMOインターネット インフラエンジニア P.H
  • GMOインターネット インフラエンジニア H.K
  • GMOインターネット アーキテクト M.D
  • GMOペイメントゲートウェイ 取締役副社長 礒崎 覚
  • GMOデジロック 代表取締役社長 平岩 健二
  • GMOインターネット インフラエンジニア S.H
  • GMOインターネット 主席アーキテクト N.H
  • GMOインターネット データベースエンジニア K.M
  • GMOインターネット ネットワークエンジニア N.M
  • GMOインターネット Webデザイナー N.F
  • GMOインターネット アプリケーションエンジニア M.J
  • GMOクリック証券 アーキテクト W.S
  • GMOメディア オペレーションエンジニア U.D
  • GMOペパボ Webデザイナー Y.A
  • GMOペイメントゲートウェイ アプリケーションエンジニア T.J
  • GMOメイクショップ Webデザイナー S.Y
  • GMOシステムコンサルティング アプリケーションエンジニア O.T
  • GMOインターネット デザイナー M.K
  • GMOインターネット インフラエンジニア G.N
  • GMOインターネット テクニカルエバンジェリスト S.H
  • GMOインターネット アプリケーションエンジニア S.F
  • GMOインターネット インフラエンジニア S.F

後ろへ