垣根を越えて、一つの目標に向かう GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア(Linux/メールシステム) K.G

小学生の頃に触った「MSX」の感覚

私は韓国のソウル出身で、中学3年生の頃、親の都合で日本に来ました。なので、もう15~16年日本に滞在していることになります。

パソコンを触り始めたのは小学2年生の頃。親にMSXを買ってもらい、それでゲームを遊んだり、マニュアルに書かれたBASICのプログラムを打ち込んだりしていました。 昔のパソコンなのでそれくらいしかできないのですが、それでもプログラムを打ち込んで図形や数字が出るというだけで子供ながらに大感激でした。

でも、そこからパソコンではなくゲームの方にハマってしまって。パソコンはあくまで趣味という認識で、大学でも文学部を専攻したので、 インターネットやプログラムについて専門的に勉強する機会はありませんでした。ですから、学生時代「エンジニア」という職種を本格的に意識することはなかったですね。

自分にできることは何かを問う

インタビューイメージ

専門的なことを勉強し始めたのは社会人になってから。どちらかというと後付けです。
大学を卒業後、ネットカフェでアルバイトをしていた時、仲間うちではパソコンに詳しいほうだった事もあって、パソコン関係の業務をたくさん任せてもらったんです。それらの業務をこなしていくうち、 自分にとってパソコンがどんどん趣味以上のものになっていく事を感じました。

そのネットカフェがなくなることになって職探しをはじめた時、「自分には何ができるのだろう」とよく考えたんです。

今あるパソコンへの興味や知識が仕事になり、それが誰かの役に立てるのであればありがたい。 そういう思いから、GMOインターネット(株)システム本部IDCチームの求人に応募しました。そして、2006年初めにアルバイト入社。社員として働いている期間を含めると、この会社に在籍して7年目になります。

空いた時間を利用してUnixの基礎を学ぶ

最初に配属されたIDCチームでは、サーバの監視やトラブルの一次対応を担当していました。提供しているサービスが増えるほどトラブルの数は多くなりますが、 すべてエンジニアが対応していたら手が足りません。常にサーバの傍にいるからこそできること、早急に対応が必要な案件の初動調査などを行うのがIDCチームのミッションです。

IDCチームでは基本的に24時間365日サーバを監視しています。私は早朝6時~15時までのシフトを担当していたので、昼間自由になる時間が結構あったんです。 その空いた時間を利用してUnixの勉強をはじめたのが、5~6年前。本格的に技術力を高めたいと考え始めたのもその頃でした。

会社や部署という垣根を越え協力し合う

インタビューイメージ

当時IDCチームの部長をされていた方に声を掛けていただき、社員になったのが2007年4月でした。アルバイトの頃とは違い、社員は会社の利益に貢献し、自分のスキルを磨いて業務に役立てなければいけません。
私も何かしなければと、それまでに得た知識を活かし、主に社内ツールの作成や改良などに取り組みました。

幸いこの仕事が評価され、やがていま在籍しているシステム本部への異動のお話をいただきました。

現在は、間もなくリリースする商材(サービス)の立ち上げなどを担当しています。システム本部ではいろいろなサービス・プロジェクトに関わることができるので、 自然と横(他のグループ会社・部署)の繋がりが強くなります。普段は違う会社や部署で働いている、いろいろなスキルや考え方を持ったスタッフが集まって一つの目標に向かっていくというのは、すごく刺激的で勉強になります。

インターネットが使われるあらゆる場面で、より良いサービスを創造するために、部署や会社という垣根を越え、互いに力を合わせられることが、当グループで働く最大の魅力だと感じています。

バラエティ豊かな人財が集まって価値を創造する

インタビューイメージ

当グループで働くことに限らず、会社員として組織のなかで仕事をするということは、地味で息苦しく思われる事もありますが、 会社の基盤があってこそできる仕事、組織を通じてこそできる仕事はたくさんあります。私自身、日々勉強中です。

当グループにはたくさんのエンジニアが在籍していますが、スペシャリストだけでも、ジェネラリストだけでも仕事は成り立ちません。
いろいろなタイプのエンジニアがたくさんいるからこそ生み出せる価値がここにはあると思います。

これから入社される方にも是非、技術だけに限らず、「自分にしかできないこと」「自分の世界」を積極的に発揮していただきたいと願っています。 互いの世界に影響を受けながら、いろいろなことを吸収して成長していければ嬉しいですね。

GMOインターネット(株)インフラエンジニア(Linux/メールシステム) K.G

Profile
GMOインターネット(株)インフラエンジニア(Linux/メールシステム)K.G
2006年にGMOインターネット(株)システム本部IDCチームにアルバイトとして入社。独学でUnixを勉強し、2007年4月には社員登用。現在は新商材の開発などを担当し、専門職としてのキャリアアップを続けている。

前へ

  • GMOインターネット 常務取締役CIO 山下 浩史
  • GMOインターネット 取締役CTO 堀内 敏明
  • GMOメディア 取締役 別府 将彦
  • GMO RUNSYSTEM JSC 取締役副社長 Nguyen Tan Minh
  • GMOインターネット メディアフロントエンドエンジニア/デザイナー I.T
  • GMOインターネット インフラエンジニア K.G
  • GMOインターネット インフラエンジニア P.H
  • GMOインターネット インフラエンジニア H.K
  • GMOインターネット アーキテクト M.D
  • GMOペイメントゲートウェイ 取締役副社長 礒崎 覚
  • GMOデジロック 代表取締役社長 平岩 健二
  • GMOインターネット インフラエンジニア S.H
  • GMOインターネット 主席アーキテクト N.H
  • GMOインターネット データベースエンジニア K.M
  • GMOインターネット ネットワークエンジニア N.M
  • GMOインターネット Webデザイナー N.F
  • GMOインターネット アプリケーションエンジニア M.J
  • GMOクリック証券 アーキテクト W.S
  • GMOメディア オペレーションエンジニア U.D
  • GMOペパボ Webデザイナー Y.A
  • GMOペイメントゲートウェイ アプリケーションエンジニア T.J
  • GMOメイクショップ Webデザイナー S.Y
  • GMOシステムコンサルティング アプリケーションエンジニア O.T
  • GMOインターネット デザイナー M.K
  • GMOインターネット インフラエンジニア G.N
  • GMOインターネット テクニカルエバンジェリスト S.H
  • GMOインターネット アプリケーションエンジニア S.F
  • GMOインターネット インフラエンジニア S.F

後ろへ