グループ各社の連携をテクノロジーで促進 GMOメディア株式会社 取締役 別府 将彦

社会人1年目で感じた不安と正直に向き合う

はじめてコンピューターに触れたのは社会人になってからでした。学生時代は文系でしたし、最初に就職した会社は小さな広告代理店で、雑誌の簡単な企画を任される編集者……というより、ほぼ雑用係でした(苦笑)。

入社して1年経つ頃には、自分があまり成長できていないことに焦りを感じはじめました。将来役立つようなスキルが身に付いているという実感もなく、収入も決して良いほうではなかったのです。
このままでいいのだろうか、そんな不安と正直に向き合う日々が続きました。

世の中を変える可能性を持つ「IT」分野との出会い

そんな時、SIerとして働いている学生時代の同級生と再会し、互いの近況を報告し合う機会があったんです。彼はバリバリ働いていて、「これからはIT(Information Technology)の時代だよ」なんて豪語している。
Windows98が出たばかりの頃だったのですが、「Windowsもいいけど、サーバーとして構築するならUNIXベースのLinuxだよ」と、当時の私には全く分からない専門用語を並べるんです。 そんな彼の話を聞いているうちに、コンピューターに興味が湧いてきて、それから独学でOSとかコンピューターの基礎を勉強しはじめました。

世の中を大きく変える可能性があるIT分野を追求することはとても魅力的でしたし、いま自分たちが担うべき産業のような気がして、エンジニアとして生きていくことを決めました。

派遣エンジニアとして最新技術に触れた3年間

インタビューイメージ

 

IT業界への就職が少しずつ盛んになってきた頃ではありましたが、ちゃんとした知識を持って門を叩く人はそんなに多くなかった時代です。
ですから、未経験だった私もなんとかエンジニアの派遣業を生業としているベンチャー企業に採用していただくことができました。

自社で基礎知識を身に付けたのち、それぞれ企業のエンジニアとして派遣されるという流れです。

私は運よく日立系の大手企業に派遣されることになって、そこで社内システムの開発を任されることになりました。
当時はまだ高価だったSAP R/3という巨大な経理システムを扱ったり、クライアントサーバーシステムをjavaに置き換える作業を担当していたので、早くから進んだ技術に触れることができました。

自分の可能性を活かせる場所を目指して

インタビューイメージ

 

そこで3年ほど経験を積んだのち、エンジニアとして独立。小さな会社のグループウェアの開発やクライアントサーバーの構築・運用等をしていたのですが、仕事をこなすのはともかく、仕事を取ってくるのは本当に大変。
しっかりとした営業部隊がいてこそ、エンジニアのスキルが活かされるのだと知ることができ、本当に良い経験ができたと思っています。

個人事業主として2年間ほど活動していたのですが、28歳をむかえ、もうすぐ30歳になるのだから将来を真剣に考えなければ……と思うようになり、企業への再就職を決意しました。

GMOメディアアンドソリューションズ(株)(現/GMOメディア(株))の面接の際に、新しい技術を取り入れていく役割を持つ「研究開発部」の構想を聞き、ぜひこの会社でやってみたいと考え、2003年9月に入社しました。

研究開発というミッションが人生の転機に

インタビューイメージ

 

入社後すぐに自社既存サービスのJava化に取り掛かりました。当時、会員数を伸ばしていた『ふくびき.com』というサイトのJava化からスタートし、次々に他サービスへ横展開していきました。

私が所属していた研究開発部は、新しい技術を研究することによって会社に利益をもたらすことをミッションとしており、まずは言語統一化により 1、ハイパフォーマンス 2、低コスト 3、メンテナンス効率の向上を目指したのです。

失敗から学ぶことも多々ありましたが(苦笑)、『ふくびき.com』のJava化が成功する頃にはマネージャーに昇格、入社2年ほどで部長に昇格、2010年6月に取締役に就任いたしました。
いま思えば、研究開発部という先進的なグループで新しいことにチャレンジできたことが、私の人生における大きな転機だったかもしれません。チャンスを与えてくれた当時の上司や会社の体制には本当に感謝しています。

最大の強みはトレンドを見極める目とチャレンジ精神!

弊社の最大の強みは、「トレンドを見極めながら、臆することなく新しいことにチャレンジしていく」という姿勢にあると考えています。 多デバイス対応によって得たノウハウやインフラのクラウドコンピューティング化、開発フレームワークの統一化によるスピーディな多ブランド戦略化はまさにそうしたチャレンジ精神の賜物です。
多少コストや時間が掛かっても、新しい分野を開拓していく価値があると判断しているからこそ、エンジニアにも様々なチャンスが与えられるのです。与えられたチャンスを活かせるかどうかは本人次第。

弊社で活躍できる人財、求める人物像としては3つです。

  1. ①「イノベーションを起こしてやる!」という強い意志・野望を持っている人
  2. ②自ら開発したサービスを世の中の役に立てたいと考えている人
  3. ③リーダーシップがある人

自ら考え行動できる人が活躍し、世の中に貢献していくことができる風土が弊社には整っています。高い志を持つたくさんのエンジニアの方々と一緒にお仕事できる日を楽しみにしています!

GMOメディア株式会社 取締役 別府 将彦

Profile
GMOメディア株式会社 取締役別府 将彦
広告代理店の編集者からエンジニアに転身し、2003年9月に現/GMOメディアへ入社。研究開発部にて新しい技術の開発に着手し、入社2年で部長に昇格、2010年6月に取締役に就任。

前へ

  • GMOインターネット 常務取締役CIO 山下 浩史
  • GMOインターネット 取締役CTO 堀内 敏明
  • GMOメディア 取締役 別府 将彦
  • GMO RUNSYSTEM JSC 取締役副社長 Nguyen Tan Minh
  • GMOインターネット メディアフロントエンドエンジニア/デザイナー I.T
  • GMOインターネット インフラエンジニア K.G
  • GMOインターネット インフラエンジニア P.H
  • GMOインターネット インフラエンジニア H.K
  • GMOインターネット アーキテクト M.D
  • GMOペイメントゲートウェイ 取締役副社長 礒崎 覚
  • GMOデジロック 代表取締役社長 平岩 健二
  • GMOインターネット インフラエンジニア S.H
  • GMOインターネット 主席アーキテクト N.H
  • GMOインターネット データベースエンジニア K.M
  • GMOインターネット ネットワークエンジニア N.M
  • GMOインターネット Webデザイナー N.F
  • GMOインターネット アプリケーションエンジニア M.J
  • GMOクリック証券 アーキテクト W.S
  • GMOメディア オペレーションエンジニア U.D
  • GMOペパボ Webデザイナー Y.A
  • GMOペイメントゲートウェイ アプリケーションエンジニア T.J
  • GMOメイクショップ Webデザイナー S.Y
  • GMOシステムコンサルティング アプリケーションエンジニア O.T
  • GMOインターネット デザイナー M.K
  • GMOインターネット インフラエンジニア G.N
  • GMOインターネット テクニカルエバンジェリスト S.H
  • GMOインターネット アプリケーションエンジニア S.F
  • GMOインターネット インフラエンジニア S.F

後ろへ