2018.07.12

量子コンピュータの時代へ:現在の量子コンピュータで何ができるか


こんにちは、次世代システム研究室のA.Zです。

2018年6月末に行われた社内研究発表の内容を紹介したいと思います。
今回発表した内容は”量子コンピュータの時代へ:現在の量子コンピュータで何ができるか”というテーマにです。

発表内容は以下のリンックでご覧できます。



 

研究概要

今回の研究は最近、話題になっている量子コンピュータを基本コンセプト・現状状態の調査と
実際にどう使うかの実験を行いました。
その中に、現在商品化された「量子アニーリング方式」のシミュレーター利用し、ある特定問題を解いてみました。

利用したシミュレーターはD-Wave社が提供したシミューレータです。

https://github.com/dwavesystems/dwave-ocean-sdk

このシミューレータで書いたプログラムは実際のD-Waveの量子コンピュータでも実行できるので、
事前検証・勉強には良いと思います。

まとめ

  • 現状、量子コンピュータの発展はスピーディで進んでおり、その中に、一番進んでるは「量子アニーリング方式」です。
  • 量子アニーリング方式はビジネスで、すでに利用され、いくつかの事例があります。
  • 量子アニーリング方式を利用するには、物理学の専門知識がなくても利用できます。
次世代システム研究室では、アプリケーション開発や設計を行うアーキテクトを募集しています。アプリケーション開発者の方、次世代システム研究室にご興味を持って頂ける方がいらっしゃいましたら、ぜひ 募集職種一覧 からご応募をお願いします。

皆さんのご応募をお待ちしています。