エンジニア職

【含まれる職種】

ネットワークエンジニア / サーバーエンジニア / Webアプリケーションエンジニア / 
UI/UXエンジニア / ブリッジエンジニア / 海外事業推進担当 他

業務内容

GMOインターネットには国内No.1のシェアを誇るインターネットインフラサービスを支える「システム本部」と、グループを横断して支える技術支援を行う「次世代システム研究室」の2種類の部門が存在します。

  • システム本部
  • 次世代システム研究室

日本のインターネットインフラを支える
プロフェッショナル集団

GMOインターネットではサーバーの選定から、設置、構築、開発、運用まで、サービスを生み出して、育てていく一連の流れを、すべて自社でおこなっています。私たちが提供するインターネットインフラサービスは、国内でNo.1のシェアをいただき、たくさんのお客様に喜んでいただいております。No.1のサービスを生み出してきた私たちにしか無いノウハウで、国内外、世界中の人に、インターネットの楽しさや便利さを自らの手で創り、伝えていくことがミッションです。

インフラエンジニア

主にシステム基盤を設計・構築・運用を担います。GMOインターネットのインフラエンジニアにはデータセンタ内でのサーバ作業全般を行うサーバーエンジニア、ネットワークに関連したプログラミングやネットワークの設計/構築を行うネットワークエンジニアをはじめインフラサーバー開発エンジニア、データベースエンジニアが在籍しています。また海外グループ会社との案件の営業、提案書の作成、PRJの推進等を行うブリッジエンジニアもインフラエンジニアに含まれます。

Webアプリケーションエンジニア

主にWeb技術を使い、アプリケーションをプログラミングを行います。お申し込み画面やAPIの開発を行うUI/UXエンジニアや、クラウドインフラプラットフォームサービス開発及び運用全般・OpenStackサービス開発及び運用管理を行うインフラプラットフォーム開発エンジニアなどが在籍しています。

GMOインターネットグループ横断の
技術支援部隊

最先端技術の研究開発を行い、その技術を、GMOインターネットグループの商材に取り入れ、アーキテクチャの設計/構築、システム開発、運用サポートまで、一連の業務を行います。最新の技術に対し誰よりも高いアンテナを張り、関心を持ち、チャレンジしていくことも大切なミッションです。

アプリケーションエンジニア/アーキテクト

EC / ポイント / ゲーム / アドテク / クラウド / ブロックチェーンなど、グループ全体の様々な事業領域のプロジェクトで開発を行います。CDHやHDPといった最新Hadoopパッケージや、最先端のRDB、NoSQL、キャッシュ、メッセージキューなどを活用したシステムを完全自社開発で設計・構築しています。

データサイエンティスト

世界No.1規模の金融サービスの生データを格納するデータ解析基盤で解析モデルを使った収益改善や、アドテクサービスのレコメンドエンジンおよび配信ロジックの改善などを行っています。

データ分析エンジニア

フィンテック、アドテクといった担当する領域のビジネスを学び、Spark(PySpark)やHiveなどのHadoop関連技術に精通し、データサイエンスで成果にコミットメントしていく仕事です。

仮想通貨 / ブロックチェーンエンジニア

仮想通貨エコノミー全般の事業に関わる開発を行います。ネットワークサーバー / クライアント、Webシステムに渡って技術範囲を限定せず取り組んでいただきます。

技術者支援制度

エンジニア・クリエイター一人ひとりに「スペシャリスト」として、モチベーション高く技術力向上に励み、優れたサービスの開発に努めていただくことを目的とする、複数の支援プログラムで構成される制度です。プログラムは今後もさらに拡充を続けてまいります。

  • サバろうぜ

    [研究・開発環境支援]

    サバろうぜ

    研究・開発環境として自社サービスを「無料」で提供する制度

  • セミろうぜ

    [セミナー支援制度]

    セミろうぜ

    勉強会やセミナーへ参加する権利を有することを明示する制度

  • 椅子ろうぜ

    [開発環境支援]

    椅子ろうぜ

    選べる快適な椅子の提供によって開発環境を支援する制度

  • 学ぼうぜ

    [スキルアップ補助制度]

    学ぼうぜ

    技術書等の購入費用を年間10万円を補助する制度

  • シェアろうぜ

    [ノウハウ共有制度]

    シェアろうぜ

    社内外での情報の共有を目的に講演等の活動費を負担する制度

FAQ

  • 「学ぼうぜ!」というエンジニア支援制度で、会社から年間10万円までの補助が受けられます。
    その範囲内であれば、技術書購入にかかった費用を出してくれるので、僕もよく利用しています。
    技術書の他にも、スマホやウェアラブルデバイスなどのガジェット機器の購入や、有料のアプリケーションの利用料金なども対象となるので、スキルアップに大いに役立てることが可能です。

    アプリケーションエンジニア S.K.

    アプリケーションエンジニア

    S.K.

  • 男女比は8:2で、まだまだ男性が多いですが女性エンジニアも増えています。
    活躍する女性エンジニアの先輩が身近にいらっしゃるため、日々刺激を受けています。
    エンジニアが所属するシステム本部の平均年齢は34歳です。新卒入社の方も年々増えています。

    アプリケーションエンジニア D.M.

    アプリケーションエンジニア

    D.M.

  • OSWindows、LinuxWebサーバーApache、nginx言語PythonミドルウェアOpenstack 他色々DBサーバーMySQL、mongoDB

    インフラエンジニア P.H.

    インフラエンジニア

    P.H.

    OSWindows言語C#、VBDBサーバーMySQL

    アプリケーションエンジニア D.M.

    アプリケーションエンジニア

    D.M.

    OSWindows、Linux(主にCentOS、Ubuntu)WebサーバーApache言語PHP 5.6(FuelPHP)、Python 2系/3系(Django、Jupyter)、TypeScriptDBサーバーMariaDB、MongoDB、SQLiteエディターVisual Studio CodeIDEJetBrains系(InteliJ、PhpStorm、PyCharm、WebStorm、DataGrip)

    アプリケーションエンジニア S.K.

    アプリケーションエンジニア

    S.K.