INTERVIEW ARTICLE

コーポレート職

T.H

2016年入社

グループ財務部

1日のスケジュール

  1. 10:00
    出社/メール確認
  2. 11:00
    送金業務
  3. 14:00
    お昼休憩
  4. 15:00
    MTG/伝票処理
  5. 17:00
    仕訳の入力
  6. 19:00
    退社

未経験を経験に 変えるため、 挑戦し続ける

1年目から「担当者」を任される

2016年4月に新卒で入社し、研修終了後の同年7月にグループ財務部に配属されました。その後1年ほどはグループ会社の経理を行っている「連結チーム」でグループ会社2社の経理を担当し、現在は「単体経理チーム」でGMOインターネット内の経理を担当しています。 2年目となる担当部署の月次業務と決算業務は引き続き行いながら、現在は固定資産台帳の管理や仮想通貨の計上など新たな業務も任せてもらっています。

熱意で掴んだ憧れの仕事

当時は管理部門で新卒の募集・採用はありませんでした。ですが私は経営学部出身で経理職に憧れがあり面接時にその熱意を伝えたところ、内定後に管理部門で3ヶ月のインターンをセッティングしてくださり、入社後に正式に財務部に配属されました。希望をくみ取って温かく迎えていただき嬉しかったです。 未経験でしたが配属後は「現金を出す・支払う・記帳する」の流れをすぐに実践でやらせてもらえました。やりがいを感じる一方、お金を動かす不安や責任の重さを感じました。 そこで自分なりに意識した点は、「とりあえず挑戦してみる」ということです。 この職種はエクセルを使った業務が多く、先輩方は見たことのない計算式や関数を使いこなしているので、私も真似してやってみたり、疑問な点はまず自分で調べてみました。それでもわからないことはすぐに質問して、教えてもらったことは常にメモを取るよう意識していました。 経理はなかなか結果が目に見える仕事ではないですが、決算説明会や株主総会などの開示資料を見たときには「自分が集計したものもこれらの数値に含まれるんだな」と実感し、やりがいを感じます。また初めて1月から12月までの通年でひとつの事業部の担当をやり切ったときにはとても達成感を感じました。

未来の自分をイメージする

まだまだ頼りない部分もあると思うので、まずは経理の知識を増やすことが大前提です。そのうえで、「この人に相談したら解決するように頑張ってくれるだろう」など、知識以外の理由で相談してもらえる人になれたら嬉しいです。 入社後に現在の上長である財務部の部長に教えていただいた「忙しいときこそ、にこやかに」という言葉がとても印象的で、忙しくて頭が回らないときにふと思い出して背筋が伸びることがあります。これからも常ににこやかにいられるよう心掛けたいと思います。

学生へ向けたメッセージ

就職活動中、面接の際には「入社したらやってみたいこと」を聞かれることがよくありました。先のことを想像することは難しいかもしれませんが、話してみたら興味を持ってくださって話が盛り上がるので、今後やりたいことや挑戦したいことは具体的に思い浮かべておくと自分にとってもプラスになるかなと思います。