スタッフインタビュー


ドメイン事業部 H.S 営業管理マネージャー 2007年入社

GMOインターネットの花形商材「お名前.com」を陰で支える

ドメイン事業部 営業管理チームは、主にドメインの審査や管理、お客様からの入出金管理を担当している部署です。例えば、販売戦略チームであればプロモーション、サポートチームであれば電話対応など、イメージしやすいと思うのですが、決して表舞台に出ることはない裏方のチームなので、どんな仕事をしているのかを知っている人は少ないようです。

実は、私たちが取り扱っている管理累計ドメインは約370万件にも及び、ドメイン新規登録件数だけで言えば1日当たり数千件、1ヶ月当たり8万件あります。この件数を、私を含むチームメンバー5名で対応しています。(2013年3月時点)

具体的な審査方法としては、お客様から申請されたドメインが上位機関の定めたルール通りにきちんと運用されているか、「com」や「jp」などTLDごとに決まっている要件通りに登録されているか、などをチェックしています。ドメインによっては書類が必要になるケースがあり、お客様の情報と照らし合わせて確認をしたり、上位機関からの問い合わせに応じて、営業管理チームから直接お客様に契約情報やドメインの利用状況を確認したりすることもあります。

営業管理チームは、代々女性がマネージャーを務めてきた部署です。前任者の退職に伴い、マネージャー就任を打診されたのが、GMOインターネットに入社して1年半ぐらい経った時のことでした。最初は経験が少ないからと固辞したのですが、周りのメンバーが推してくれたこともあって最終的には引き受けました。

マネージャーとしての私の主な仕事は、チームとして業務が円滑に進むように全体をサポートしていくことです。また、担当者レベルでは対処が難しい案件の対応や、上長、マネージャー達とサービスの運用ポリシーを決めたり、月々の入金管理、売上計上作業なども行っています。

仕事上で何よりもこだわっているのが、スピードと正確さ

営業管理チームでこだわっているのはスピードと正確さです。私たちは営業のような収益部門とは異なり、スタッフが作業を行うだけ人件費が必要となるコスト部門だといえます。

そこで、1件当たりの処理時間を短縮するために、ボタン一つでメール送信ができるツールを作ったり、簡易履歴入力機能を導入して運用するなど、チーム一丸となって業務効率化に取り組んできました。その結果、目に見えてコスト削減が実現できた時はやりがいを感じ、会社にも貢献できたとうれしく思っています。

また、ドメインはお客様の所有物なので、慎重に取り扱うようにしています。住所の番地が一つ違う、名前の一文字が抜けているだけでも同一人物のものだと証明ができなくなってしまいます。そのため、常に正確さを追求し、確認作業を徹底するようにしています。

その他、お客様の立場に立って考え、サービス向上のためにも自動化できた方が便利だと思える機能の追加を営業管理チームで提案し、実際に運用をスタートしているサービスもあります。お客様から感謝の言葉をいただいた時はやってよかったと感じました。

スタッフには必ず「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える

職場では、どんなに忙しい時でも笑顔を絶やさないように心がけ、メンバーが気軽に話しかけやすいような雰囲気づくりを大切にしています。また、日々スタッフと接するいろいろな場面で、「ありがとう」と感謝の言葉を必ず口にするようにしています。

ただ、ドメイン事業部のマネージャーミーティングに出席する時は、女性らしい面はちょっと抑えて、言うべきことは主張するようにしています。特に弊社はドメイン管理の国際機関ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)公認レジストラであり、、ルールに反する行為は公認取り消しにつながりかねません。そのため、ルール違反に接触の恐れがある運用に対して口をはさむこともあります。そうした時でもGMOインターネット(株)は、性別や立場に関係なく、いろいろな意見を受け入れてくれる土壌があるので、女性でも仕事がしやすいと感じますね。

Q あなたにとってGMOインターネットとは?
笑顔の仕掛け人

募集要項・エントリーはこちら

当サイトの原稿執筆・写真撮影は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社の
クリエイターネットワークサービス「編集プロダクション studio woofoo」を利用しています。



PAGE TOP