部署の枠を超えた協力関係で、新たな価値を創り出せる環境

エンジニアへのキッカケはひょんなことから

──   システム本部のS.Sマネージャー(以下S.S)I.Hアシスタントマネージャー(以下I.H)が「お名前.com」を担当するまでの経緯を教えて下さい。

S.S 実は私、大学まで一切パソコンに触れたことがないような文系人間で、プログラムを始めたのは社会人になってからなんです。たまたま未経験可のIT企業の募集を見つけたのがきっかけで、受託開発を行なっていました。
GMOインターネット(株)に入社したのは5年ほど前なんですが、実は、そのとき面接してくれたのがここにいるT.Yマネージャー(以下T.Y)I.Hさんなんです。

──   S.Sさんを採用したポイントは何だったんですか?

I.H もう、一目惚れですね(笑)

イメージ

S.S 正直なところを言ってくださいよ(笑)

I.H いや、本当に印象が良かったんですよ。サイトが落ちることがあるほどアクセス数のあるWebサイトの開発・運用をしていて、是非一緒に働きたいと思いました。

S.S 確かにそういう大規模な開発も行っていましたが、あくまで受託開発だったんですよね。だんだんと自社サービスをやりたいという気持ちが強くなっていて、GMOインターネット(株)を選びました。

I.H 私もS.Sさんと同じで、パソコンに初めて触れたのは大学時代という文系人間。一応授業でVisual Basicの勉強はしていたんですが、全く興味がありませんでした。
それよりも、データ入力のアルバイトを始めたのが、この世界に入るキッカケです。Accessを使っていたのですが、より効率的に入力するためのカスタマイズを手伝ったところ、それが面白くて開発系に興味を持ちました。

S.S 学校の勉強とは違うんだよね

I.H そうなんですよ! 大学卒業してから、Visual Basicでの開発に本格的に取り組むことになったんです(笑) システムを使いやすくする度にみんなが喜んでくれるので、どんどん楽しくなっていって、ああ、これって天職かもと思って。
その後、何社か経験したんですが、当社に入る直前にいた会社でJavaとの運命的な出会いがあったんです。すごい優秀な方がメインで開発を行なっていて、「こういうこともできるんだ、自分ももっとやってみたい」とどんどん吸収していくことができて、すごく濃い3ヶ月間を過ごしました。そのあと当社に入社したんですが、最初は思っていたような仕事ができなかったんです。

T.Y うちに入ったばっかりの頃は、ホスティング系の上流工程を担当していたんだよね。

I.H 1年くらいは正直辛かったですね。開発ができない環境でしたから。

T.Y その頃の『お名前.com』は2代目だったんですが、これを新しくして3代目を作ろうという動きがあったんですが、なかなかうまくいっていなくて、自分がやります!と手を挙げたんです。で、そのタイミングで一緒にやろうとI.Hさんに声をかけて。

I.H まさに恩人ですね。そこからドメインシステムの開発に携わるようになって、ちょうどその頃ですね、S.Sさんが入社したのは。

S.S 今の話を聞いていて思い出したんですが、言われるままに開発したり1を5にしたりは結構できるものなんですが、0から1を作れる人はあんまりいないんです。なので、それができるI.Hさんは本当にすごいなと思いますよ。

立ち上げメンバーの語る、3代目「お名前.com」の開発秘話

──   つまり皆さんは、今の「お名前.com」を作り上げたメンバーなんですね! 実際に開発に着手して、どんな苦労があったのでしょうか。

I.H まず開発に着手したのが、2006年の1月です。それから1年4ヶ月で開発を終えました。
最初は12名ほどの開発者でスタートしましたが、最終的には全体で30~40名規模の大プロジェクトに。それを取り纏めていたリーダーが、事業本部のT.Yさんです。

イメージ

T.Y 会社の成長と共に商材が増え、当時のシステムではニーズに耐えられなくなってきたのを感じました。基幹の仕組みから抜本的に変えなければいけないと思ったんです。商品・会員・決済を分割してサブシステム化(API化)することで拡張性が格段にあがりました。

O.Y 一番大きな改善は、『お名前.com会員』という概念を取り入れた部分ですね。お名前.comで提供しているサービスは多々ありますが、それまでは全て個別に申し込みが必要で、ID/パスワードも別々でした。

S.S まぁ、社会的に会員の概念がなかったわけではないんですけどね。しかし『お名前.com会員』という仕組みを持つことで、会員ユーザーは自由に多数のサービスが利用できるようになりましたよ。

O.Y 今の新規申し込み数は、当時の15倍くらいありますもんね。一度にたくさん申し込む人もいますし。

T.Y そうそう。だから、そういった変化に対応する基盤が必要だったんです。

I.H でも『お名前.com』の開発、実は反省点が結構あるんですよ。全体で一体どれほどの規模があるのか分からずにスタートしてしまったので、後からどんどん要望が挙がってきて……

──   いわゆる、アジャイル開発ってやつですか?

I.H そう言うと、カッコ良く聞こえますけど(笑) 資料もない状態で進めていたので、本当に大変でしたよ。

S.S 『お名前.com』に限って言えば、全体像が見えずに開発を進めたのはマイナスでしたよね。「あれはどうなってる?」「テストしてないよね」なんてことが頻発しましたから。テスト項目すら、しっかり作れていなかったんですよ。まぁ、それも次に繋がる教訓です(苦笑)

I.H 3代目のお名前.comは、どんどん拡張されていますからね。でも実は、4代目の開発が進んでいるんですよ。

早くも4代目の開発に着手! その実態は…?

──   4代目「お名前.com」ですか! ぜひ詳しく教えてください。

S.S 「やるか!」と言い出したのは、2011年の正月ですよね。

I.H そうそう。事業本部から挙がってきた要望を聞いて、これは新しくしないと……ってなったんですよ。

イメージ

O.Y ありがとうございます(笑)

S.S 既に国内シェアは約70%に到達しているので、お名前.comも海外やスマートフォンなど新しい展開を目指す時期だと思ったんです。次世代に向けた開発として、新しいものに着手しなければ!と。

──   「次世代に向けた開発」……カッコイイですね!

O.Y その後、2011年1月9日頃に方針が固まって、4月頃から少しずつ設計が開始。9月頃から開発に着手し始めました。

T.Y 一部からは、やはり「現存バージョンのアップデートで良いのでは?」という声も上がりましたけどね。押し通していますよ。

I.H さすが、T.Yさん(笑) 心強い!

──   具体的に、3代目とはどんな違いがあるんですか?

I.H 簡単に言えば、3代目よりもさらに細かくAPI化していくところです。API化することで、Webやスマートフォンから、誰でも簡単に利用できるようになります。

S.S 海外やスマートフォン展開を考えると、API化は必然ですよね。個人で再販することも可能になりますし、これまでにない新しい展開が簡単に生み出せるんですよ。

自分から率先して動ける人には、チャンスが巡ってくる環境

──   皆さん、本当に協力し合いながら取り組まれているんですね。これから入社するのであれば、どんな人が向いていると思いますか?

T.Y 能動的な人ですかね。仕事面では肉食系で、自分からガシガシやってくれるような。社歴関係なく企画や発言も通りやすい環境なので、そういう人にはチャンスも多いと思いますよ。

O.Y 人ですね、人。一緒に働いていて楽しいのが、一番です。

I.H 私が思うGMOインターネットグループは、「人を助けて、人に助けられる」環境です。もちろんメンバーとぶつかることも多いですが、それすら助け合いなんですよ。

S.S 皆が「人のために」と考えていれば、誰も損した気分にはならないですからね。

I.H そうそう。特に良いところは、もし仕事でぶつかってもプライベートでは一切クリアなところ。単なる仲良しグループではないので、心は開くけど慣れ合いの関係にはなりませんよ。

──   技術的に身に付けておいた方が良いスキルなどはありますか?

S.S 技術は、そんなに気にしないですよ。

O.Y 自分で学ぼうという気持ちがあれば、何だって身に付きますからね。

S.S 新しいことに取り組むのが好きな人が良いですね。今4代目のお名前.comを開発しているように、どんどん新しいことに取り組めますから。

GMOインターネット(株)お名前.comチーム

Profile
GMOインターネット(株)お名前.comチーム
Webアプリケーションエンジニア S.Sマネージャー
Webアプリケーションエンジニア I.Hアシスタントマネージャー
営業戦略チーム T.Yマネージャー
プロダクト企画チーム O.Yマネージャー

前へ

  • vol.1
  • vol.2
  • vol.3
  • vol.4
  • vol.5
  • vol.6

後ろへ