スタッフインタビュー


アプリクラウド事業部 K.Y マーケティング 2005年入社

初の「育児休業制度」利用スタッフとして

GMOインターネット(株)に入社してから約10年になります。現在は、同社アプリクラウド事業部に在籍し、マーケティングを担当していますが、この10年でWebプロデューサーや営業サポート、総務など、いろいろな実務を経験してきました。

私はこれまでに二度「育児休業」を取得し職場復帰しているのですが、一人目のときは本当に不安でした。当制度を利用した人がそれまで一人もいなかったこともあり、本当に復職できるのか?育児と仕事を両立できるのか?と、いろいろと悩みました。しかし、親身に相談に乗ってくださった人事の方に励まされ、できるところまでがんばってみようと思うことができました。

子育てをしながら働くということは、想像していた以上に大変でしたが、今は職場復帰ができて本当に良かったと思っています。子どもと過ごす時間は、仕事を続けていくうえでとても大切なものになっていますし、この時間があるからこそ気付くことや浮かぶアイデアがあります。時間が限られているので効率よく働くためのタイムマネジメント力も得たと思います。同時に複数人の話を聞き取れる、聖徳太子の耳も手に入れたかも・・(笑)このように、全てが自己成長につながっています。

Webプロデューサーや営業サポートとして培った経験

二人目を出産したあとに復帰した職場が、今のアプリクラウド事業部。マーケティング担当として、販促のための戦略策定、GMOアプリクラウドのブランディング、サービスサイトの解析・運用などを担当しています。

マーケティングの仕事はまったく初めてだったので、復帰当初は何をすればいいんだろう?と戸惑うことも多かったです。時短勤務のため通常より稼働時間が短いということもあり、職場の皆さんにご迷惑をおかけすることも多々ありますが、営業サポートや総務など幅広い業務経験を活かし、自分にしかできない仕事をするように心掛けています。

販促活動の一環として、オフラインイベントの企画や出展のほか、Twitterを活用してイメージキャラクター「美雲あんず」の運用も行なっています。キャラクターマーケティングの立ち上げから関わっているので、あんずに対する愛着は深いですが、とはいえ、あんず人気を高めることが主目的ではなく、あくまでもお客様にGMOアプリクラウドというサービスを知っていただき、利用いただくためのコミュニケーションツールの一つだと思っています。

でも、正直いうと、お客さまから「あんずちゃん大好きです!」なんて言われると本当に嬉しいですね(笑) あんずの成長は私のモチベーションにも大きくつながっています。

自分が「楽しい!」と感じることをやり続ける

マーケティング担当のミッションは、より多くのお客さまにサービスを知っていただき、利用していただくことです。イベント運営やキャラクターマーケティングというのは、売上貢献度や集客効果を数字ではかることができない側面もあり、本当にこれでいいのかな?と不安になることもあります。しかし、イベントやキャラクターを通じてサービスを知りご利用までに至ったお客様がいらしたり、新たなお客様をご紹介いただけたという話を聞くと、この仕事をやっていて本当に良かった!と感じます。

会社や事業への貢献が前提ですが、自分が楽しんで仕事をすることがお客様に笑顔や感動を届けることにつながるのだという信念を持って仕事をしています。

今振り返ると、一度目の復職後は、時短勤務の私なんかが発言していいのだろうか?と自分を押さえていたこともありました。しかし、自ら楽しむことを信念に企画立案や課題定義を積極的に行なってきたことで、現在は部署横断的な案件にも関わらせていただいています。GMOインターネットグループは自ら発信してこそ貢献でき、成長できる場所なのです。これから復職される方、また今後入社して一緒に働くことになる方々には、ご自分の経験に自信を持ち、自ら発信する気持ちを大切にしていただきたいですね!

Q あなたにとってGMOインターネットとは?
笑顔づくりの場

募集要項・エントリーはこちら

当サイトの原稿執筆・写真撮影は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社の
クリエイターネットワークサービス「編集プロダクション studio woofoo」を利用しています。



PAGE TOP