スタッフインタビュー


メディア営業部 K.A プレイングマネージャー 2011年入社

プレイングマネージャーとして会社の売上に貢献

前の職場では新卒入社から6年半、住宅リフォームの訪問販売をしていました。営業を志望したのは、技術や資格がなくても努力次第で結果を出せると思ったから。

しかし実際入社してみると、想像以上にハードな仕事でした。2年目からチームを任せてもらえるようになったのですが、自分で営業して数字を上げるより、マネジメントしてメンバーに数字を上げてもらう方がずっと難しかったですね。新卒2年目だと、まだ人に何かを伝えたり教えたりする言葉も上手く見つからず、メンバーがついてきてくれない……それが何より辛かったです。

営業は経験でカバーできる部分が多いけれど、マネジメントは勉強しなければ上達しません。そう痛感してからは、人にどう伝えるか、どう動いてもらえばいいのかを自分なりに考え、実行してきたつもりです。

現在は、メディア営業部のアシスタントマネージャーとしてチームを任せていただいていますが、まだまだ勉強中。しっかり理解してもらわないと、という気持ちが先行し、強く言い過ぎてしまうことも多く、同僚や上司に心配をかけることもあります(苦笑)

自分自身と、自分が売っている商品を信じられるかがポイント

GMOインターネット(株)を転職先に選んだ一番のポイントは、やはり大手であったこと。グループ会社も多く、知名度が高かったので、やりがいのある仕事ができるのでは?と考えたからです。

パソコンすら普段あまり使わない自分がIT系の企業に就職するなんて、と周囲は驚いていたようですが、「扱う商品・商材がなんであれ、売れる」と自負していたので、まったく迷いはありませんでした。むしろ、炎天下や寒空の下を歩きまわらなくて済みそう、と体力面で安心したくらいです(笑)

インセンティブがあり、マニュアルがしっかりしている職場を希望していた私にとって、いまの職場は本当に働きやすい環境です。そんな中で「商品を愛し、自信を持ってお客様に提案する」という営業スタイルの私が、営業数字を上げるために意識しているのは、「時間を惜しまない」ということ。営業時間内に最大のパフォーマンスを上げるためには、それ以外の時間を使って丁寧に準備をすることが大事だと思っており、実際にその準備が営業数字に結びついた時に、この上ないやりがいを感じます。

「女性らしく」を意識せず、一人の人間として真摯に向き合う

アシスタントマネージャーになる以前は、自分の数字を上げることが一番の目標でしたが、いまはチームが成長していくこと、数字を上げて会社に貢献することが私の最大のミッションだと思っています。

そのために気をつけていることは、「女性だから」とか「女性らしく」という意識を持たないで、一人の人間としてメンバーと接するということ。

営業をしていると、身体的にも精神的にもつらいことが多いのですが、そういうときに「女性だからしょうがない」と周囲に思わせてしまってはダメなんですよね。あくまでも一人の営業として公平に実績を評価してもらわなければ納得がいかないですし、チームメンバーと本気でぶつかることもできない。
年々女性比率が増えてきているのですが、女性が増えることで男性が気を遣いすぎないよう、気を配っていかなければいけないと思っています。

GMOインターネットグループには情熱的な人が多いので、メンバー同士が良い刺激を受けながら成長していると感じます。営業であれば、まずは情熱を持って仕事ができること、そして売る商品を心から好きになれること、この2点が何より大事な素質だと私は考えています。そういう素質を持った方と一緒に仕事ができることを心から願っています!

Q あなたにとってGMOインターネットとは?
自分の人生を充実させるための場所

募集要項・エントリーはこちら

当サイトの原稿執筆・写真撮影は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社の
クリエイターネットワークサービス「編集プロダクション studio woofoo」を利用しています。



PAGE TOP