スタッフインタビュー


ドメイン事業部 O.Y プロダクト企画マネージャー2004年入社

ドメイン事業の成長を支える仕事

2004年にアルバイトとして入社して以来、一貫して「お名前.com」のドメイン事業に関わる仕事を担当してきました。アルバイト時代は事務のアシスタント、1年後に社員になってからは代理店営業を担当し、現在はプロダクト企画チームのマネージャーを務めています。

私の役目を一言でいうと、販売戦略スタッフや管理スタッフとエンジニアをつなぐ橋渡し。現場の声をヒアリングして問題点や改善すべきポイントを見極め、エンジニアとともに機能改善を行い、常にシステムのブラッシュアップを図っています。自分自身、営業も事務も一通り経験してきたので、それが今、とても役に立っていますね。

ドメインはいわば「インターネット上の住所」。ウェブサイトを作ったりインターネット上で事業を展開したりするには不可欠な存在です。GMOインターネット(株)は国内でもごく早い時期にドメイン事業を立ち上げ、今は業界トップクラスの規模にまでドメイン事業を成長させてきました。自身の成長と共に、事業の成長を体感することができて、とてもラッキーだったと思っています。

入社前は全くの素人でしたが、「お名前.com」での仕事を通じて、ドメイン事業について高い専門性を身につけられたことにも心から感謝しています。

仕事で初めての海外(ベトナムへ)!グループ企業の海外進出をサポート

日本はもちろん世界的に見てもドメイン事業はとても新しい事業分野ですので、「お手本」がありません。手探りで試行錯誤をしながら前進せねばならないので、これまでずいぶん苦労もしました。

特にシステムのリニューアルは、これまで2回担当しましたが想像を絶する大変な作業でした。しかし、そうした一つひとつ丁寧に仕事に取り組んだおかげで、「ドメインのことだったら、彼に聞けば何とかなる」と頼ってもらえるようになりました。10年かかりましたが、周囲から信頼される存在になれたことが、今の私の一番の誇りです。

2012年の2月には、GMOランシステム社がベトナムでドメイン事業を展開するにあたって、アドバイザーとしてプロジェクトに参画。現地で行われた記者会見にも参加するという貴重な体験をさせてもらいました。まさか自分が仕事で海外に行くことになるとは夢にも思っていませんでしたが、実際に挑戦してみると自分の知識や経験が海外でも通用することがわかり、本当に嬉しかったです。この経験のおかげで、「英語を身につけて、海外でのドメイン事業にもチャレンジしてみたい」という新たな目標ができました。

業界No.1企業の名に恥じない、質の高いサービスを!

仕事をする上で大切にしているのは、業界トップクラスの企業の一員であるという自覚です。「業界トップクラスの名にふさわしいレベルの商品やサービスを提供しているか?」を常に自問し、自分の仕事を客観的に見ることを心がけています。

また、熊谷代表は常々「ビジネスは戦だ」とおっしゃっていますが、確かに淘汰の激しいインターネット業界で生き残り成長し続けるためには、まさに「戦士」のような気概が絶対に必要です。私も現状に甘んじず、常に何か新しいことにチャレンジする気概を持ち続けたいと思っています。

そのために私が実践しているのは、ON/OFFを上手に切り替えること。だらだらと残業したり自宅に仕事を持ち帰ったりせず、切りの良いところでスパッと切り上げて、意識的に気分転換するようにしているのです。理由は、いったん頭を真っさらの状態にした方が、翌日の仕事への意欲が湧いてくるからです。もちろんOFFの日は、プライベートを思いっきり楽しんでいます。最近は社内の仲間とスノボや旅行に出かけたりしてリフレッシュすることが多いですね。

今後は暇をみつけて、英語の勉強を始め、海外ビジネスに挑戦するという目標にむかって、頑張りたいと思っています!

Q あなたにとってGMOインターネットとは?
共に成長していける仲間

募集要項・エントリーはこちら

当サイトの原稿執筆・写真撮影は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社の
クリエイターネットワークサービス「編集プロダクション studio woofoo」を利用しています。



PAGE TOP