スタッフインタビュー


システム本部 I.J IDC運営部オペレーションチーム 2007年入社

安定したサービス提供のための「オールラウンドプレイヤー」

IDC(インターネットデータセンター)運用部はサービスを安定的に稼動させるために不可欠な部署で、データセンターの監視/運用等を行う「IDCチーム」と、技術的な対応を行う「オペレーションチーム」に分かれています。
システム障害を防止するために、過去の障害データの集計/分析や、サービスの継続的な検証を行う一方で、お客様に安定したサービスをご利用いただくために、サービスを運営する部門とのやりとりも重要な業務となっています。
サービスに関わる様々な部門の繋がりをサポートするツールの開発/管理を行ったり、ツールだけに頼らず直接的なやりとりも行うので、技術的要素の他にコミュニケーション能力も必要な仕事です。

私の仕事がお客様の満足度向上に繋がったとき

システム運用の仕事で結果が出るのは、新機能やサービスがリリースされた時です。その中でも特に印象に残っているのは、「お名前.comレンタルサーバー」内の新機能を追加した時のことです。
新機能追加の際には、その機能が正常稼動するかを検証する必要があります。検証項目は約2000項目。できるだけ早くお客様にご提供するために、与えられた検証期間は5営業日でした。
1項目につき1分必要と考えても2000分、時間に換算して33時間強かかる中、通常の業務と並行しながら新機能の検証に取り組みました。無事リリースの完了後、既存のお客様の約半数から申込みがあったと聞いた時は、ここ最近で1番の達成感がありました。
「検証をやりきった!」という気持ちももちろんですが、自分の仕事がさらなるサービスの品質向上となり、お客様の満足度を高めることができるということにやりがいを感じますね。

率先して仕事を探し出す

当社に入社するまでの私は、与えられた業務をこなすというスタンスで仕事をしていました。
ですが当社には、「これがやりたい!」 と言って手を挙げた仕事を任せていただけるフィールドがあり、能動的であることが求められます。
ですから、私は「自ら率先して仕事を探し出す姿勢」が当社のメンバーとして必要なことであり、意識するべき点だと考えています。
安定したサービス提供のために、私がするべき仕事はいくらでもあります。それを探し出すためには常日頃からアンテナを張って、何事にも問題意識を持って接することを心がけています。
3ヶ月に1度行われる目標設定の時期には、「今期はなにをしよう?」 と考えて、1つ1つ取り組んでいくことが今では習慣であり、これからも続けていこうと思っています。

Q あなたにとってGMOインターネットとは?
自分への挑戦

募集要項・エントリーはこちら

当サイトの原稿執筆・写真撮影は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社の
クリエイターネットワークサービス「編集プロダクション studio woofoo」を利用しています。



PAGE TOP