世界で戦えるサービスを!細部にこだわりぬいたAPI開発

サービス開発部全員参加で新しいConoHaを実現

──   ConoHaの開発にあたって、皆さんはそれぞれどの部分を担当されたんですか?

イメージ

P.YAPIの全体的な仕様策定、設計、OpenStackのカスタマイズ、決定した仕様に沿うためのプロキシ開発などを主に担当しました。API開発部分のプロジェクト管理も行っていたため、K.Sさんを含めたチームのエンジニアと分担して作業を進めていきました。

K.S私はP.Yアシスタントマネージャーからもらった仕様をもとに、PHPやPythonを使いながら実際にAPIを開発していきました。 今回の開発には、コンパネ、API、インフラ、PaaS、検証、課金基盤など、システム本部サービス開発部のほぼすべてのチームが関わっているんですよね。

M.Y私は、クラウド基盤ソフトウェアであるOpenStackの構築を担当しました。 OpenStackは様々なコンポーネントの組み合わせで成り立っているので、システムの一部に動作不良があると全体に大きな影響を与えてしまいます。 特に今回のConoHaではメールやDNSといったサービスもConoHa上で動かしているため、常にシステム全体の機能を維持し続けられるように全てのコンポーネントを冗長化させるなど止まらない工夫をしました。

ConoHaではOpenStackの新機能を利用する事が多かったのですが、OpenStack自体に致命的なバグが存在していたり、独自に実装させなければいけない部分があったので、そういった部分を洗い出してP.YアシスタントマネージャーK.Sさんが所属しているオープンクラウドチームと協力してOpenStackの改修も行っていきました。

フルAPI実装にこだわってサービスの自由度をさらに高く

──   新しいConoHaでは、フルAPI実装にこだわったんですよね?

イメージ

P.Yそうですね、ConoHaはすべての機能をAPI化しているので、込み入った操作をしたいユーザーは、APIを利用して柔軟に操作することができます。 極端な話、コントロールパネルを自分でつくることもできるので、非常に自由度が高くなっているんです。

また、時間課金に対応させているので、例えば開発テストのために一時的にサーバーを追加して、すぐに削除して1時間分の料金だけ支払う、ということもできるので、とてもフレキシブルですし、コストメリットも高いです。 ストレージはすべて一般的なHDDよりも高速なSSDで構成していますし、スケールを自由にアップダウンできるスケーラブルな仕様にもなっているので、最初は小さく初めてサービスが大きくなったらそれに合わせてスケールさせる、ということも可能です。

──   開発ではどんな部分に苦労されましたか?

P.Y一般ユーザー向けのAPI公開は今回が初めてのことだったので、公開する際の準備やOpenStackとの仕様合わせなどに苦労しました。また、ConoHa独自の仕様も結構あったので、いかにOpenStackライクなインターフェイスを提供できるかに時間を費やしました。

K.Sたとえば、OpenStackのネットワークコンポーネントでロードバランシング機能が存在するのですが、このAPIをそのまま全公開してしまうとConoHaの主要な機能の動作に影響を及ぼしてしまうので、最適な動作をするロードバランサーとして使えるようにカスタマイズする必要がありました。

また、お客様はサーバー作成APIを利用することで好きなだけサーバーを作成することができますので、同時に大量のリクエストが来た際でもエラーにならないような様々な工夫を行いました。苦労はしましたが、お客様に満足していただけるサービスにしたい一心で、みんな一丸となって取り組みましたね。

P.YM.Yさんのインフラサイドだと、大変だったのはマルチリージョン対応かな?かなり大変だったって聞いたけど。

M.Yそうなんですよ! インフラエンジニアリングチームが現地のデータセンターにラッキングしにいったり、データセンターの現地スタッフとの連携で文化の違いを痛感したり……いろいろ苦労することもありましたが、良い経験になりましたね(笑)

日本発のサービスを世界に

──   リリース後の反響はいかがですか?

イメージ

P.YConoHaはBtoCサービスなので、お客さまの反応を直接見れるのがすごく楽しいんですよ。実際SNSなどを見ても、APIを利用して何かを作ろうとしたり、勉強しようとしている人の情報発信が増えているので、ConoHaを通じてOpenStackに興味を持ち、将来的にはオープンソースであるOpenStackの貢献者も増えると嬉しいなと思ってます。

──   どんな方にGMOインターネットにきてほしいですか?

M.Yこれだけ大きなプロジェクトに新卒として関わることができたのは、自分にとってとても良い経験になりました。GMOインターネットは、本気でやりたいと望めばチャレンジさせてもらえる環境があるので、チャレンジ精神旺盛な方とぜひ一緒に働きたいです。

K.S新しい技術に貪欲で、トレンドを追って常に情報のアンテナを張っているような方に来てほしいですね。身につけたスキルや情報網を惜しみなく発揮できる環境が待っています!

P.Y新ConoHaはすべてのAPIを公開しているので、ConoHaを利用したエコシステムをどんどん発展させて、サービスの拡張に繋げていきたいですね。そして、ゆくゆくは日本発のサービスとして海外に発信していけるよう、世界で戦えるサービスに成長させたいと思っていますので、ぜひ一緒に世界で愛されるサービスをつくりだしていきましょう!

Profile
GMOインターネット(株) ConoHa byGMO API開発チーム
アプリケーションエンジニア P.Yアシスタントマネージャー
アプリケーションエンジニア(2014年新卒入社) M.Yさん
アプリケーションエンジニア(2014年新卒入社) K.Sさん

前へ

  • vol.1
  • vol.2
  • vol.3
  • vol.4
  • vol.5
  • vol.6

後ろへ