日本一の決済システムを支える仕事 GMOペイメントゲートウェイ アプリケーションエンジニア T.J

着任翌日から現場の最前線へ!

インタビューイメージ

大手IT系企業でのSEを経て、2006年2月、GMOペイメントゲートウェイ(株)にシステム部主任として入社しました。いざ着任してみると、そこはまさに戦場(笑)
2か月後にリリース予定のシステムがまだほとんどできあがっておらず、当時15人ほどしかいなかったシステム部のスタッフがほぼ全員会社に泊まり込んで、必死にシステムを開発していました。私もさっそく現場に駆り出され、翌日には早くもチームの一員として稼働していました。おかげであっという間に職場にも慣れ、仕事を覚えるのも早かったですね。

今では、スタッフの数も増えて作業効率が上がっているので、徹夜はもちろん残業もほとんどありませんが、フラットな職場の雰囲気やスピード感は、当時のまま。新しいスタッフが入社しても、すぐに現場に溶け込んでいます。

「情報」と「想い」を共有することから、チームの結束が生まれる

インタビューイメージ

入社後、大小さまざまなプロジェクトを担当させてもらい、今は部長としてサービス開発部を率いています。

目下、部内のスタッフ総出で取り組んでいるのは、4か所あるデータセンターを1か所に集約するプロジェクト。プロジェクト開始から2年たって、最近やっと2か所目のセンターの閉鎖が完了、今は3か所目閉鎖のための作業を進めているところです。このプロジェクトが完了すれば、お客様のシステムをより安定的に運用できるばかりでなく、私たちにとってもコストを3分の1近くまでカットできるという大きなメリットがあります。
完了まであと半年はかかりそうですが、全スタッフの英知を結集してなんとか成功にこぎつけたいと思っています。 

部長としてスタッフと関わる際に気を付けているのは、とにかく直接話をすること。システム本部には気軽に使えるミーティングスペースがあるので、何かひっかかることがあったらすぐに関係者を集めて情報の確認と共有をします。必要があればホワイトボードを使って図を描きながら、全員が納得するまで徹底的に議論することも。そうすることによってプロジェクトにかける想いを共有し、チームの結束力を上げていくのです。

立場が人をつくる

もちろん「部長」といっても、私自身がまだまだ成長途中で、100%完璧に部下のマネジメントができているとは思っていません。ただ、自分で言うのもおこがましいのですが、少しずつ、成長しているのは感じています。ちょうど私が入社直後にいきなり現場に駆り出され、見よう見まねで仕事を覚えたように、人間には「やっているうちにできるようになる力」というのがあるんですよね。GMOペイメントゲートウェイでは、その力をとても大事にしていて、相浦社長は常々、「立場が人を作る」とおっしゃっています。つまり実力以上の役割やポジションを敢えて与えると、その人材はなんとか期待に応えようとして、予想以上の力を発揮します。だから早く成長できるんですね。 

GMOペイメントゲートウェイは、社長以下、上司が部下の仕事ぶりを非常によく見ていて、やる気のある者には必ずチャンスを与えてくれます。社歴や年齢に関係なく、実力で勝負したい人にはすごく魅力的な職場環境だと思いますね。

お客様のご要望に合った、便利で安心して使ってもらえるサービスを作りたい

インタビューイメージ

私自身の今の課題は、人材配置をより効率的にすること。今はシステムの開発者が運用にも関わっているため、どうしても開発のスケジュールが狂いがち。そこで今後は開発と運用をはっきり分業して開発の効率を上げ、お客様のニーズにより迅速にお応えできる仕組みを整えていきたいと考えています。

同時にお客様とスムーズにコミュニケーションできるエンジニアの育成にも、早急に取り組んでいきたいですね。現状ではエンジニアは担当の営業スタッフを介してお客様のニーズを吸収し、システムに落とし込んでいることが多いのですが、この方法ではお客様の細かな要望や言外のニュアンスが伝わりにくく、結果としてどうしてもあまり個性のない汎用的なシステムを作ってしまいがちです。

これからは、エンジニア自らがお客様と接点を多く持ち、直接お客様のご意見を伺う体制を整えることで、文字通り、痒いところに手が届くようなシステムを作り上げていきたい。そしてこれを他社にはない、GMOペイメントゲートウェイの強みにしていきたいですね。

人はトラブルに育てられる。失敗してもあきらめない「前向きさ」を大切に!

これからエンジニアを目指す人に期待するのは、「前向きであること」です。もしかしたら、どんな職業でもそうかもしれませんが、エンジニアはトラブルに育てられる仕事なんです。

わかりやすく言うと、
(1)トラブルが起こる
(2)原因を探ってトラブルを解消する
(3)二度と同じトラブルが起きないように対処する
この繰り返しによって、プロとして成長していくものなのです。

だから、1度や2度のトラブルや失敗であきらめてしまうような人はエンジニアには向きません。むしろトラブルが起きたら、「よし、俺がなんとかしてやる!」というくらいの気概の持ち主がいいですね。世の中をもっと便利で快適にするためのシステムを作りたい!という私たちの思いに共感してくれる方との出会いを、心から楽しみにしています。

GMOペイメントゲートウェイ(株) アプリケーションエンジニアT.J

Profile
GMOペイメントゲートウェイ(株) アプリケーションエンジニアT.J
大手IT系企業でのSEを経て、2006年2月、GMOペイメントゲートウェイ(株)にシステム部主任として入社。その後さまざまなプロジェクトを担当し、今は部長としてサービス開発部を率いている。

前へ

  • GMOインターネット株式会社 専務取締役CIO 山下 浩史
  • GMOインターネット株式会社 常務取締役CTO 堀内 敏明
  • GMOペイメントゲートウェイ株式会社 取締役副社長 礒崎 覚
  • GMOゲームセンター 取締役副社長 木村 貢大
  • GMOメディア 取締役 別府 将彦
  • 株式会社デジロック 代表取締役社長 平岩 健二
  • GMO RUNSYSTEM JSC 取締役副社長 Nguyen Tan Minh
  • JWord(株) 取締役 張 樹春
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア G.N
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア(Windowsソリューション) H.K
  • GMOインターネット株式会社 メディアクリエイター I.T
  • GMOインターネット株式会社 ソフトウェア開発エンジニア K.C
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア(Linux/メールシステム) K.G
  • GMOゲームポット株式会社 アプリケーションエンジニア(ゲームプログラマ) K.J
  • GMOインターネット株式会社 データベースエンジニア K.M
  • GMOゲームポット株式会社 ゲームプランナー K.T
  • GMOインターネット株式会社 アーキテクト M.D
  • GMOインターネット株式会社 アプリケーションエンジニア M.J
  • GMOインターネット株式会社 デザイナー M.K
  • GMOインターネット株式会社 Webデザイナー N.F
  • GMOインターネット株式会社 主席アーキテクト N.H
  • GMOインターネット株式会社 ネットワークエンジニア N.M
  • GMO NIKKO インフラエンジニア N.T
  • JWord Webデザイナー N.N
  • GMOシステムコンサルティング(株) アプリケーションエンジニア O.T
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア(ミドルウェア) P.H
  • GMOインターネット株式会社 テクニカルエバンジェリスト S.H
  • GMOインターネット株式会社 アプリケーションエンジニア S.F
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア S.H
  • GMOインターネット株式会社 システムオペレーション開発部長 S.N
  • GMOメイクショップ株式会社 Webデザイナー S.Y
  • JWord株式会社 アプリケーションエンジニアT.H
  • GMOペイメントゲートウェイ株式会社 アプリケーションエンジニアT.J
  • GMOメディア デザイナー T.M
  • GMOメディア ディレクター T.R
  • GMOインターネット株式会社 ネットワークエンジニアT.S
  • GMOペパボ(株) インフラエンジニア T.S
  • GMOリサーチ アプリケーションエンジニア T.W
  • GMOメディア オペレーションエンジニア U.D
  • GMOゲームセンター ゲームディレクター U.H
  • JWord(株) アプリケーションエンジニア V.M
  • GMOペパボ Webデザイナー Y.A
  • GMOゲームセンター株式会社 アプリディレクター Y.K
  • GMOクリック証券株式会社 アアーキテクト W.S
  • GMOインターネット株式会社 ネットワークエンジニア W.T

後ろへ