エンジニアの成長・活躍に最適な職場 JWord アプリケーションエンジニア T.H

上流から下流まで、開発の全過程を経験したい

私はもともと理系の人間ではないのですが、趣味で始めたプログラミングにハマり、学生時代からプログラマーとしてアルバイトをしていました。プログラミングの醍醐味は、自分の頭で考えた仕組みがプログラムを通じて実際に動き、その成果が良くも悪くも目に見えること。それに、いわゆる「ものづくり」の職人さんとは違って、道具や場所の制約がほとんどなく、パソコンさえあれば自分の知識やスキルのみで勝負できるところです。

大学卒業後は、ソフトウェア受託開発を専門に行う企業に入社。プログラマーとして約10年間勤務し、様々な案件を手掛けました。ただ、あくまでも受託開発ですから、システム開発で言うところの「下流」領域での仕事がメイン。次第に、企画段階から開発に関わってみたいという気持ちが強くなり、転職を決意しました。

転職先をJWord(株)に決めた理由は2つ。
まず1つめは、自社開発・自社運用を行っているので、企画から開発・運用までシステム開発の全過程を経験できる職場であること。そして2つめは職場の雰囲気がよかったことです。面接の際にオフィス見学をさせてもらったのですが、その時、ある社員がごく普通にバランスボールに乗ってもくもくと仕事をしていたんです(笑)
その自由な雰囲気が一目で気に入って、すぐに入社を決めました。

待っているだけでは、チャンスは来ない

入社後最初に担当した仕事は、検索アシストバーのデザインリニューアルでした。当初、リーダーと先輩社員、そして私の3人のチームで行うことになっていたのですが、事情があってすぐに先輩社員が退社してしまい、結局2人体制に。初めての仕事でかなり大変だったのですが、その分、仕事にも職場にも早く慣れることができました。何より、入社早々、念願だった「自分の企画を形にする」経験ができて、すごく嬉しかったですね。

入社以来、JWord(株)で様々なプロジェクトを担当してきましたが、その上で言えることは、JWord(株)はエンジニアとしてキャリアアップしたい人には最適な職場だということ。ここには成長できるチャンスがたくさんあります。

でも、そのチャンスを掴むためには企画力や発信力が絶対に必要です。いわゆる「指示待ち仕事」などないし、黙っていて上から降ってくるチャンスなどないのです。私もまだまだエンジニアとしてスキルアップしたいし、チャンスを掴んでいろいろなプロジェクトを経験したいので、自身の企画力・発信力を磨くべく、常に問題意識を持って仕事に取り組むようにしています。

各分野のプロが揃う刺激的な環境

現在複数のプロジェクトに関わっていますが、エンジニアとして一番力を入れているのは、新規プロダクトの企画・開発です。これまでにないプロダクトをゼロから作り上げるわけですから、やりがいが大きい分、苦労も多いのですが、そんなとき頼りになるのが仲間たちの存在です。

JWord(株)社内にはもちろん、GMOインターネットグループ内には、営業やマーケティングなど様々な分野のプロフェッショナルがたくさんいて、彼らと話をしていると、エンジニアにはない視点や発想に気付かされることが多く、開発のヒントがもらえることもよくあるんです。もちろん逆にエンジニアとして他の事業分野の社員に意見を求められることもあります。

こんな風に、お互いの存在が刺激になってシナジー効果が生まれる、というのもGMOインターネットグループで働く醍醐味の1つだと思います。

課題は、チーム全体の底上げ

エンジニアとして開発を行う傍ら、チームリーダーとしてマネジメントも任せていただいているので、目下、人材の育成に力を入れています。

特に既存プロダクト開発チームに新規メンバーが加わったばかりなので、体制を再構築してより効率的に成果を出せるチームに育てていきたいと思っています。プロダクトの開発はチームワークで行うものですから、エンジニア個人だけでなくチーム全体が力をつけ、それを発揮できる環境がなくては良い成果を生み出すことはできません。どのようにディレクションすればチームメンバーの力を最大限に引き出し、最高の成果を生み出せるのか……、試行錯誤の毎日です。

今後、時間をかけてじっくり学び、マネジメントもできるエンジニアとして成長するのが、今の目標です。

エンジニアに必要なバランス感覚とは?

僕たちエンジニアの仕事は、「ユーザーを集められる優れたプロダクトを作り、それをマネタイズして、会社に貢献すること」です。これを実現するために必要な要素は、突き詰めれば「エンジニアとしてのスキルとこだわり」「ユーザー目線」「マネタイズする力=ビジネス感覚」の3つだけ。シンプルなだけにその3つのバランスは非常に大事で、どれか1つに重点を置きすぎると、会社にもユーザーにも貢献できなくなってしまいます。

でも、このバランス感覚は、実際にエンジニアとして働き、場数を踏んでいかないと、なかなか身につかないもの。だからエンジニアを志す人には、まず現場でどんどん仕事をしてほしいと思います。最初は知識やスキルがなくても、仕事を通じて学べることが多いので、まずは勇気を出して1歩を踏み出してほしいですね。

今は、たった1つのプロダクトが世の中をガラッと変えることもできる時代。僕たちJWord(株)も、そんなプロダクトを作って、世の中をもっと楽しく便利にしていきたいと思っています。

GMOメイクショップ Webデザイナー S.Y

Profile
JWord(株) アプリケーションエンジニアT.H
ソフトウェア受託開発を専門に行う企業で約10年間プログラマーとして勤務した後、JWordに入社。既存プロダクトの開発・運営を行いながら、新規プログラムの企画開発やチームのマネジメントも担っている。

前へ

  • GMOインターネット株式会社 専務取締役CIO 山下 浩史
  • GMOインターネット株式会社 常務取締役CTO 堀内 敏明
  • GMOペイメントゲートウェイ株式会社 取締役副社長 礒崎 覚
  • GMOゲームセンター 取締役副社長 木村 貢大
  • GMOメディア 取締役 別府 将彦
  • 株式会社デジロック 代表取締役社長 平岩 健二
  • GMO RUNSYSTEM JSC 取締役副社長 Nguyen Tan Minh
  • JWord(株) 取締役 張 樹春
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア G.N
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア(Windowsソリューション) H.K
  • GMOインターネット株式会社 メディアクリエイター I.T
  • GMOインターネット株式会社 ソフトウェア開発エンジニア K.C
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア(Linux/メールシステム) K.G
  • GMOゲームポット株式会社 アプリケーションエンジニア(ゲームプログラマ) K.J
  • GMOインターネット株式会社 データベースエンジニア K.M
  • GMOゲームポット株式会社 ゲームプランナー K.T
  • GMOインターネット株式会社 アーキテクト M.D
  • GMOインターネット株式会社 アプリケーションエンジニア M.J
  • GMOインターネット株式会社 デザイナー M.K
  • GMOインターネット株式会社 Webデザイナー N.F
  • GMOインターネット株式会社 主席アーキテクト N.H
  • GMOインターネット株式会社 ネットワークエンジニア N.M
  • GMO NIKKO インフラエンジニア N.T
  • JWord Webデザイナー N.N
  • GMOシステムコンサルティング(株) アプリケーションエンジニア O.T
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア(ミドルウェア) P.H
  • GMOインターネット株式会社 テクニカルエバンジェリスト S.H
  • GMOインターネット株式会社 アプリケーションエンジニア S.F
  • GMOインターネット株式会社 インフラエンジニア S.H
  • GMOインターネット株式会社 システムオペレーション開発部長 S.N
  • GMOメイクショップ株式会社 Webデザイナー S.Y
  • JWord株式会社 アプリケーションエンジニアT.H
  • GMOペイメントゲートウェイ株式会社 アプリケーションエンジニアT.J
  • GMOメディア デザイナー T.M
  • GMOメディア ディレクター T.R
  • GMOインターネット株式会社 ネットワークエンジニアT.S
  • GMOペパボ(株) インフラエンジニア T.S
  • GMOリサーチ アプリケーションエンジニア T.W
  • GMOメディア オペレーションエンジニア U.D
  • GMOゲームセンター ゲームディレクター U.H
  • JWord(株) アプリケーションエンジニア V.M
  • GMOペパボ Webデザイナー Y.A
  • GMOゲームセンター株式会社 アプリディレクター Y.K
  • GMOクリック証券株式会社 アアーキテクト W.S
  • GMOインターネット株式会社 ネットワークエンジニア W.T

後ろへ